医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

医師のアルバイトはどれくらいまで必要?大学勤務・研修医のリアル体験記

一昔前まで、大学病院で働く研修医は「無給奉仕」が当たり前で、医師になってもしばらくは親の仕送りが必要でした。今は、さすがにそこまで劣悪ではありませんが、依然として大学病院は薄給で、アルバイトがないと生計が立てられません。今回はそんな医師の実態に迫りたいと思います。

 

医師の給料の実態に迫る!

大学病院の給料は?

大学病院は、国公立大学に付属する病院と、私立大学に付属する病院があります。大学付属病院の給料は国公立と私立で大きな違いはありませんが、勤務年数、地域によって金額が多少異なります。

 

一般的に、約15万円〜20万円の基本給に加えて当直代約1万円/日が加算されます。一部残業代がつく病院もありますが、残業時間の上限が決まっています。ゴールデンウイークや年末年始の勤務では、数千円の手当てが加算されることが多いです。

 

税金諸々で、最終的に手元に残るのは結局約15万円〜25万円程度です。専門医を取得して講師以上になっても、加算される手当ては5万ほどであり、位が上がっても大学の給料だけでは家族を養えません

 

大学付属病院の医局は多数の関連病院を持っており、関連病院の外来に医局員を派遣しています。これがいわゆる「アルバイト」です。地方になるほど医師不足となり関連病院は人員が足りないため、医局からの医局員派遣に頼っており、関連病院と医局は強い結びつきを持っています。

 

関連病院のアルバイト時給は、教授と病院側が話し合って決めていることが多く、各科によって異なりますが、一般的に8千円〜1万5千円/時間です。内科よりも外科系・マイナー系の方がやや高い傾向があります。

 

外病院の実態とは?

大学病院以外の病院(外病院)は、年収800万〜2,000万程度と幅広く、勤務病院、勤務年数、勤務場所、専門科によって大きく異なるのが特徴です。

 

基本的に需要と供給の関係なので、代わりがいくらでもいるポスト(後期研修医レベル)では比較的給料は安く、医療の第一線を担う認定医以上のクラスになると、病院側にとって重要な人材であり、給料は高くなります。

 

また、専門科によっても異なり、外科系の手技が多い科ほど代わりの医師が少なくなるため、高額に設定されていることが多いです。

 

都心部と地方でも大きな差があり、医局の弱体化から、地方病院では医師の慢性的な不足に悩んでいるため、高給与で医師を呼び込もうとしています。

 

アルバイトに関してですが、外病院の給料は後期研修医であっても、生計を立てるには十分であり、定期的なアルバイトをしていない医師は多いです。不定期バイトとしては、土日健診・検診や、夜間救急診療所での外来業務、また、医局に属している場合は大学病院での外来があります。

 

一部の病院では、アルバイトを禁止しているため、表立ってアルバイトが出来ないことがあります。また、大学病院では、アルバイトの時間になると病院を抜けられますが、人員が少ない外病院では、忙しくてアルバイトの時間を作れないことも多いです。

 

アルバイトのメリット・デメリット

アルバイトを行うメリットやデメリットは何でしょうか?

 

まず、アルバイトのメリットですが、前述したように高給与に設定されているため効率良く稼げること、実践的な技術を磨けて経験を積めることが挙げられます。

 

主なアルバイトの仕事内容は、当直や外来業務、健診・検診業務であり、一人で責任を持って診療できる知識と技術が必要です。基本的に相談できる医師はいないため、自分で判断して診療しなければなりません。この実践的な経験を通じて、医師は成長することができます。

 

特に大学病院などの大病院では、若手の医師は外来を持てず、手術も二番手、三番手でなかなか実践できる場がありません。そういった新米の医師にとって、アルバイトは患者を自分で診察できる重要な機会ともなります。

 

一方でデメリットとしては、一人で外来を回せる力がないとアルバイトは危険ということです。そのため、後期研修医でも、ある程度経験を積んだ医師しか出来ないアルバイトもあります。また、その日限りしか診療しないため、患者の容態を長期間フォローできないといった欠点もあります。

 

医局からの派遣アルバイトの場合は、大学病院での仕事を置いてでもアルバイトに行く必要があるため、大学病院に戻ると仕事が溜まりに溜まってなかなか帰れないというストレスがあります。

 

さらに、初期研修医は国から給料が設定されており、アルバイトが禁止されているため、安給でもアルバイトはできません。

 

まとめ

今回は、医師のアルバイトの実情について詳しくお伝えしました。

 

医師のアルバイトは、給与の面だけでなく、実践的な経験を積める大切な機会でもあります。大病院では知識はつくものの、なかなか実践する機会を得られません。アルバイトを通じて、知識を実践に活かしてどんどんスキルアップしていきましょう。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介するサイトの中から、自分に合った2〜3サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイトより多く登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

医師転職サイトランキングBEST5

メディウェル医師転職
1位は、メディウェル医師転職です。どこを探しても見つからない「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収300万円UPを実現した医師も多数。会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですし、個人情報保護の観点から見ても安心できます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 非公開プレミアム求人
にめっぽう強い
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

エムスリーキャリア
同1位は、エムスリーキャリアです。転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録してください!常時20万人以上の医師が登録する医師転職支援サービスで、全国の医師・医療機関に対応、とりわけ首都圏・愛知・大阪の高年俸・好条件求人に強い転職エージェントです。また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。

求人案件数 強み 口コミ評価
約3万件 大都市圏はもちろん、全国の高年俸・好条件求人
に強い
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

リクルートドクターズキャリア
人材業界最大手のリクルートドクターズキャリアは、医師転職業界の最大手のエムスリーに並んで登録しておくべきエージェントです。常時1万件を超える非公開の求人情報。経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポートしてくれます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約1万件 全国対応案件・人材最大手
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

医師求人ガイド
常勤だけじゃなく、非常勤(定期アルバイト・スポット)案件が多く、ジリ貧の勤務医、研修医などにも登録されているのが医師求人ガイド。運営会社は株式会社エイム プレイス。ユニークな医師求人サイトとして知られるその理由は、美容外科・美容皮膚科に特化した全国対応の医師専門の転職支援サービスということ。エムスリー・リクルートドクターズキャリアとは異なる種類の求人が掲載されているので、こちらも登録しておいて損はありません。

医師求人ガイド

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 美容外科・美容皮膚科の高収入案件
にめっぽう強い
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

【JMC】メディカルコネクション
家族・将来を考えた現実的な職場環境への転職をお望みの方に人気なのがメディカルコネクション。蓄積されたデータに基づく適正年収診断・JMCにしかない非公開求人も掲載中。関東・関西・中部エリアに特化しています。

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 関東・関西・中部
に強い
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医

メディウェル医師転職【40-60歳限定】
メディウェルの番外編、年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援も行なっています。全国4万件の求人から、最適な求人情報をスクリーニングして、アドバイスしてくれます。40歳以降の転職の重みをコンサルタントも理解しているので、仕事と家庭の両立という観点での転職ができるが選ばれているポイントです。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 40-60歳の転職
にめっぽう強い
医師 アルバイト いつまで必要 大学勤務 研修医