医師 職業病 医者 あるある

医師の職業病・医者あるある5つまとめてみた

医師は「安定した職」、「高給取り」というイメージから未だに1、2を争う人気の職業で、特に男性医師は常に女性が結婚したいターゲットとして絶大な人気です。しかし、医師のキャリアパスや実情はあまり知られておらず、誤解されることもしばしば。今回は、そんな医師あるあるについてお伝えします。

 

医師の性格は?

一概には言えませんが、一般的に医師はプライドが高く、上からのものの言い方で、非常に頑固、冷徹な一面があります。女性は一見物腰が柔らかく見えることもありますが、やはり男性と同じと言っていいでしょう。

 

これは、そうならざるをえないという事情もあります。医師は常に適切で素早い判断を下し、医療スタッフに指示をしなければなりません。そのため、日常生活でも、「あれをして、これをして」とついつい命令口調になることがあります。

 

自分の治療方針が正しいという絶対的な自信と強い意思がないと、不安が周りのスタッフや患者にも伝わり、効果的な治療ができません。しかし、強い意思や自信は時に「頑固さ」としても捉えられます。年をとるにつれて、自分に自信がつく分、他の意見を聞き入れない頑固さが染み付いてしまうというマイナスの一面があります。

 

また、患者は、病気を患い不安で体力的にも精神的にも弱っていますが、そういった人を毎日相手にする必要があるため、いちいち感情的になっていたら身が持ちません。そのため、辛い気持ちを共有してほしい患者からすると医師はサバサバしていて冷徹に感じてしまうかもしれません。特に高齢者では、治療の効果よりもいかに気持ちに寄り添ってくれるかに重点を置く人が多いため、正しい治療を受けていても満足感を得られない人が少なくないのです。

 

さらに、医師だけでなく、名門大学出身者にもよく見受けられるのがプライドの高さですが、自分がこれだけ頑張ってきた、狭き門をくぐり抜けてきたのだという自信がプライドの高さとして現れるのかもしれません。

 

医師は常識が無い?

医師は他の職種の方と接する機会があるのですが、よく影で「常識がない」と言われています。これは…、ほぼ100%真実といえるでしょう。

 

まず、高校を出て医学部に入ると医学以外の勉強はしないことから、社会の常識を学ぶ機会がないまま医師になる人がほとんどです。アルバイトをする人がいますが、家庭教師や個別指導が人気で、一般の飲食店や企業でアルバイトする人は少ないため、社会の常識に触れる機会が圧倒的に少ないのです。

 

最近では、上下関係の厳しい体育会系の部活は医学生にやや不人気です。これまでは、部活は常識を学ぶ機会の一つでしたが、個の自由、いわゆる「個性」を大切にするゆとり世代は、上からの圧力を嫌うため、ますます体育会系の部活は不人気になるかもしれません。

 

時間を守るのも苦手です。医師と関わる人は、医師から待ってもらって当然という態度を取られたことも多いのではないでしょうか。確かに時間通りに診療が終わることの方が少ないのですが、遅刻することが常習となってしまう人が多いのです。

 

さらに、いつも白衣でスーツを着る機会が少ないため、服装に対して無頓着で、重要な打ち合わせでもTシャツ・サンダルで参加することがあります。

 

本当に医師は理想の結婚相手?

「医師と結婚!」という宣伝文句を掲げた婚活サイトは今や定番となり、医師の参加する婚活パーティーは絶大な人気を誇ります。では、本当に医師と結婚すれば幸せなのでしょうか?また医師と結婚するにはどうすればいいのでしょうか?

 

医師が多忙であるため、家事や子育ての協力にはあまり期待できないこと、また、前記のように性格的に難ありのことも多いため、パートナーの仕事を理解し、相手を立てられるタイプの人は医師との結婚に向いていると言えます。

 

医師の結婚相手ですが、医師の4割以上が職場結婚という報告もあるように、医師と接する機会が多い医療職の人と結婚する率が高いと言えます。ただし、医師同士の結婚は、お互い忙しいこと、離婚しても女性に職があること、実家が裕福な家庭が多いことなどから、離婚率が高い傾向にあります。

 

また、男性医師で婚活サイトに登録している医師はサクラである可能性が高いので注意が必要です。婚活パーティーは医師免許があれば無料のところも多く、婚活会社が医師の情報を仕入れて、登録を迫ることがあります。医師も無料で女性に会えて美味しい料理が食べられるパーティーに参加できるため、登録・参加していることも多いのです。

 

まとめ

今回は、医師のあるあるネタのごく一部をお伝えしました。

 

専門科別のあるあるネタもありますが、今回は、一般的な医師にみられるあるあるネタを取り上げました。医師の人もそうでない人も、納得と思う実感や経験が少なからずあったのではないでしょうか。変わり者や変人、「おたく」と称される人たちが許容される時代となったので、偏屈な医師も若干受け入れられやすい世の中になった?のかもしれません。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介するサイトの中から、自分に合った2〜3サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイトより多く登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

医師転職サイトランキングBEST5

メディウェル医師転職
1位は、メディウェル医師転職です。どこを探しても見つからない「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収300万円UPを実現した医師も多数。会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですし、個人情報保護の観点から見ても安心できます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 非公開プレミアム求人
にめっぽう強い
医師 職業病 医者 あるある

エムスリーキャリア
同1位は、エムスリーキャリアです。転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録してください!常時20万人以上の医師が登録する医師転職支援サービスで、全国の医師・医療機関に対応、とりわけ首都圏・愛知・大阪の高年俸・好条件求人に強い転職エージェントです。また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。

求人案件数 強み 口コミ評価
約3万件 大都市圏はもちろん、全国の高年俸・好条件求人
に強い
医師 職業病 医者 あるある

リクルートドクターズキャリア
人材業界最大手のリクルートドクターズキャリアは、医師転職業界の最大手のエムスリーに並んで登録しておくべきエージェントです。常時1万件を超える非公開の求人情報。経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポートしてくれます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約1万件 全国対応案件・人材最大手
医師 職業病 医者 あるある

医師求人ガイド
常勤だけじゃなく、非常勤(定期アルバイト・スポット)案件が多く、ジリ貧の勤務医、研修医などにも登録されているのが医師求人ガイド。運営会社は株式会社エイム プレイス。ユニークな医師求人サイトとして知られるその理由は、美容外科・美容皮膚科に特化した全国対応の医師専門の転職支援サービスということ。エムスリー・リクルートドクターズキャリアとは異なる種類の求人が掲載されているので、こちらも登録しておいて損はありません。

医師求人ガイド

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 美容外科・美容皮膚科の高収入案件
にめっぽう強い
医師 職業病 医者 あるある

【JMC】メディカルコネクション
家族・将来を考えた現実的な職場環境への転職をお望みの方に人気なのがメディカルコネクション。蓄積されたデータに基づく適正年収診断・JMCにしかない非公開求人も掲載中。関東・関西・中部エリアに特化しています。

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 関東・関西・中部
に強い
医師 職業病 医者 あるある

メディウェル医師転職【40-60歳限定】
メディウェルの番外編、年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援も行なっています。全国4万件の求人から、最適な求人情報をスクリーニングして、アドバイスしてくれます。40歳以降の転職の重みをコンサルタントも理解しているので、仕事と家庭の両立という観点での転職ができるが選ばれているポイントです。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 40-60歳の転職
にめっぽう強い
医師 職業病 医者 あるある