医師が転職・整理すべき3ポイント

医師が転職しようと考えたら整理すべき項目 3つのポイント

「医師の転職」と言う表現は、3つの意味として捉えられます。それは、「医師が職場を変える」「医師が転科する」「医師以外の職業に変わる」ということです。一般的に、医師転職サイトの、「転職」という意味は、「医師が職場を変える」という意味ですが、ここでは、前記の3つの点についてそれぞれお話したいと思います。

 

医師が職場を変えるとしたら?

医師転職/派遣支援サイト

ひと昔前は、医学部を卒業したら医局に入り、医局人事で関連病院をたらい回しにされるというのが一般的でした。しかし、初期研修制度が始まってからは、大学病院の医局に属さずに、自分で選んだ外病院で修行を積む医師が多くなってきました

 

そういった、医師が就職先を探す際に活用するのが、就職支援サイトです。インターネットの環境さえあれば、全国の就職先を簡単に検索できます。また、就職コンサルタントが付くため、忙しい自分の代わりに希望の条件の病院をピックアップしてもらい、病院側との年収交渉なども行ってもらえます。

 

サイトによって扱う病院が異なるため、複数のサイトに登録して就職先を探すのが一般的です。

 

職場を紹介してもらう

勤務先の科は、基本的に関連先の病院を持っています。上司の紹介で関連先の病院を紹介してもらうのも一つです。あるいは、希望の就職先の知り合いから、紹介をしてもらうケースもあります。

 

紹介してもらう場合は、紹介というバックアップがあり身元がある程度はっきりしているため、病院側も受け入れやすくなります。

 

医局命令での人事異動

最後に、医局に属している医師の場合、大学病院では勤務できる医師の数に限りがあることや、医師の経験・キャリアのために、数年ごとに関連病院を回るのが一般的です。

 

医局の力が弱まったとはいえ、大手の病院は大学病院との関わりが非常に強く、ある程度の役職以上のポストは大学病院から派遣されることが多いです。そのため、部長クラスになりたい場合は、医局に属して、大学院で博士号をとるのが効率的と言えます。

 

特に男性の場合は、一生医師として働くことが多いため、医局に属することでより確実なキャリア形成が築けると言えます。さらに、医局をやめて就職先を探す場合でも、大学病院の医局に属して働いていたというブランド力は転職に多いに役立ちます

 

医師が転科をするとしたら?

医局制度も弱まり、働く形態も増えたことから、若手の医師の自由度が高まり、昔よりも転科する医師は増えてきたと言えます。

 

転科するケースでは、「お金のため」「他の科に興味がある」「しんどいから」「経験のため」「子育てなどの事情のため」など様々な理由が挙げられます。

 

例えば、外科は緊急手術があり、時間が不規則で過酷な労働となりがちです。特に女性の場合は、結婚・出産・子育てなどから外科医を継続するのが難しいため、比較的緊急対応が少ない科に転科することがあります。

 

特に転科のハードルが高いのは、内科系から外科系に変わるケースです。外科系では技術を身につけるまでに時間がかかるため、内科である程度働いていた人が転科するのは、時間的にも体力的にも非常に大変です。一方で、外科系から内科系、外科系から外科系、あるいは内科系から内科系への変更は時々見受けられます。

 

職業を変える「転職」とは?

日本では医師という職業を辞めて他の職に就く人は非常に少ないと言えます。理由としては、「医師が最も効率的にお金を稼げる」こと、「働ける形態が増えた」こと、「医療以外の経験が乏しい」ことなどが挙げられます。

 

まず、金銭的な面ですが、基本的に医師以上に効率よく稼ぐ職業を探すことは難しいため、金銭的な理由で転職する可能性は低いと言えます。稀にですが、例えば、政界進出や株式投資などに注力したいために医師を辞める人がいます。

 

次に、医師として働き続けられる形態が増えたことにより、医師という仕事以外の趣味を重視している人も医師の仕事を続けやすくなったことです。例えば、ライフスタイルを重視したい人は、常勤をやめて派遣医師として働く場合があります。派遣支援サイトを通じて、女医もパートタイムや非常勤医師として職場を探し易い環境が整ったことも要因の一つです。

 

最後に、医療以外の経験が乏しいという件に関してですが、日本では、高校を出たらすぐに医学部に入り、医学以外のことを学ぶ機会がないため、医師以外の職場を見つけるのが難しいことが挙げられます。

 

このように、医師以外の職に転職するのは非常に非効率的です。稀に、医師免許を持った弁護士、医療通訳・翻訳家、起業家、政治家がいますが、他の職業に対する強い情熱がない限り転職するメリットは少ないと言えます。

 

まとめ

今回は、医師の転職がテーマでしたが、「転職」という言葉は様々な意味に捉えられるため、3つの面からお話しました。

 

他の職業とは異なり、医学の世界でのみ生きて来た医師にとって他の職業に変わることは非常にリスクを伴います。しかしながら、情熱があればどのタイプの「転職」であれ、不可能ではないのです。

 

 

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介するサイトの中から、自分に合った2〜3サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイトより多く登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

医師転職サイトランキングBEST5

メディウェル医師転職
1位は、メディウェル医師転職です。どこを探しても見つからない「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収300万円UPを実現した医師も多数。会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですし、個人情報保護の観点から見ても安心できます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 非公開プレミアム求人
にめっぽう強い
医師が転職・整理すべき3ポイント

エムスリーキャリア
同1位は、エムスリーキャリアです。転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録してください!常時20万人以上の医師が登録する医師転職支援サービスで、全国の医師・医療機関に対応、とりわけ首都圏・愛知・大阪の高年俸・好条件求人に強い転職エージェントです。また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。

求人案件数 強み 口コミ評価
約3万件 大都市圏はもちろん、全国の高年俸・好条件求人
に強い
医師が転職・整理すべき3ポイント

リクルートドクターズキャリア
人材業界最大手のリクルートドクターズキャリアは、医師転職業界の最大手のエムスリーに並んで登録しておくべきエージェントです。常時1万件を超える非公開の求人情報。経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポートしてくれます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約1万件 全国対応案件・人材最大手
医師が転職・整理すべき3ポイント

医師求人ガイド
常勤だけじゃなく、非常勤(定期アルバイト・スポット)案件が多く、ジリ貧の勤務医、研修医などにも登録されているのが医師求人ガイド。運営会社は株式会社エイム プレイス。ユニークな医師求人サイトとして知られるその理由は、美容外科・美容皮膚科に特化した全国対応の医師専門の転職支援サービスということ。エムスリー・リクルートドクターズキャリアとは異なる種類の求人が掲載されているので、こちらも登録しておいて損はありません。

医師求人ガイド

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 美容外科・美容皮膚科の高収入案件
にめっぽう強い
医師が転職・整理すべき3ポイント

【JMC】メディカルコネクション
家族・将来を考えた現実的な職場環境への転職をお望みの方に人気なのがメディカルコネクション。蓄積されたデータに基づく適正年収診断・JMCにしかない非公開求人も掲載中。関東・関西・中部エリアに特化しています。

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 関東・関西・中部
に強い
医師が転職・整理すべき3ポイント

メディウェル医師転職【40-60歳限定】
メディウェルの番外編、年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援も行なっています。全国4万件の求人から、最適な求人情報をスクリーニングして、アドバイスしてくれます。40歳以降の転職の重みをコンサルタントも理解しているので、仕事と家庭の両立という観点での転職ができるが選ばれているポイントです。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 40-60歳の転職
にめっぽう強い
医師が転職・整理すべき3ポイント