医師 給料 平均

医師の給料(年収)、平均はいくらくらい?研修医・大学病院・開業医同じくらいの給与の職業もまとめてみた

勤務医の平均年収は約1200万円、増えたり減ったりを繰り返している

 

 漠然と「医師は年収が高い」と思われている社会ですが、実際に周りも含め、医師はどのくらいの給与を稼いでいるのでしょうか。勤務医の平均年収を見ると、近年おおよそ1,150万円?1,200万円の間を行き来していると見られており、医師の平均年収を語る時には、「約1,200万円」と表記されることが多いようです。2013年には一時的にぐっと下がり、平均して約1,070万円程度へと減少したことがありましたが、基本的にはほぼ横ばいで推移しています。

 

医師は副業でもびっくりするほど稼いでいる?

 

 実はこのように統計で発表されている平均年収のほとんどが、「主たる勤務先」に限定した収入であり、副業として勤務している先の収入を合わせると驚く程平均年収が上がるというデータもあります。

 

一部の統計では、主でない勤務先の収入も合わせれば、医師の年収は1,500万円程度というデータも存在するのです。産業医として契約するだけで、1ヶ月に1時間の会社訪問で5万円?10万円、アルバイトとしての勤務であっても、少なくとも時給5千円から、多ければ2万円にもなります。医師だからこそ頷ける差ですね。

 

研修医時代の年収は、450万円以下で、若手サラリーマンと大差なし

 

 医師になる前段階の研修医の時代は、基本的には下積み時代。医師の方であれば、うんうんと頷いていることではないでしょうか?今でこそ法整備がなされ、それなりのお給料が支払われるようになっていますが、昔は月額5万円といった格安で研修医として勤務を行っていた医師もいたほどです。

 

したがって、研修医の年収は、一般の医師と比較すると格段と安いのです。現在は、大学病院で約300万円、臨床研修病院で約450万円、平均すると約380万前後が研修医の年収となっており、一般的な若手サラリーマンの年収と大差ないという結果になっています。

 

後期研修医で1,000万円突破も?どんどん高待遇化する研修医

 

とはいえ、研修医がアルバイトをしながら生活をしていた時代も今は昔。現在は、特に地方の民間の施設では、研修の中で実力をつけた研修医にはかなりの給与を支給しているケースもあります。実地で医療を学ぶ前期研修医時代はさておき、研修医として3年以上経過した後期研修医では、医師としての診療や治療も戦力となっており、実に1,000万円を超える年収を得ているケースもあるのです。

 

 

そんなに違う!?勤務医と開業医の年収格差はなんと1.7倍

 

 では、病院に勤務せずに開業した医師の年収はどのくらいなのでしょうか。これはなんと、勤務医の1.7倍程度にあたる、約2600万円だといわれており、勤務医と開業医ではかなりの経済的格差があることがわかっています。また、勤務医で5,000万円以上の年収を得ている医師がほとんどいないことに比較して、開業医の場合は、年収5,000万円以上を得ている割合が全体の1割程度存在するなど、開業医の年収が勤務医を大きく上回ることがわかります。

 

開業医には大きなリスクも。年収差も頷ける?

 

とはいえ、必ずしも開業医ばかりがいい思いをしているわけではありません。開業医の中には、失敗して多額の借金を抱えたり、ある程度の年齢になってから開業したものの、年収が大幅に下がる、等というケースもあります。また、採用からマネジメント、経営の全てを自身が引き受けることの苦労に耐えかねて、勤務医に逆戻りするというケースも珍しくありません。こうした理由から、開業医との年収差がこれだけ大きくとも、そもそも開業を目指さない医師も多数いるのです。

 

 

医師と同等の給与を得ている職種は、大学教授やパイロット

 

高年収の職業として頭に浮かぶのが、弁護士や公認会計士等の士業で難関資格が必要なものですが、意外にも弁護士も公認会計士も平均すると年収は800万程度。実は医師よりはるかに少ないのです。実際に平均年収1,200万円程度を維持している職種は、パイロット、大学教授等でした。職種だけで見ると、医師は3本の指に入る平均年収を誇っているのです。国家公務員もかなりの年収を得ているイメージがありますが、医師の年収と比較すると、300万円?500万円程度下がると言われており、医師がいかに高所得者であるかがわかります。

 

 

大手企業なら、一般的なでも医師並の平均年収

 

やはり特殊な職種でないと医師並みの年収は期待できないのか、というと、そうではありません。民間の企業では、入社する会社によって、全く同じ職種でも待遇が2倍異なるということも全く珍しくないのです。例えば、メガバンクでは、一般的な総合職でも年収は平均で1100万円程度、大手総合商社では平均年収1000万程度と、大手企業に限って言えば、平均年収でも医師と同等の年収を得ていることもあります。また、大手のTV局や大手の新聞社などマスコミ系も、医師にならぶ程度の高い平均年収を維持しており、大手が就職先として人気を博す理由がわかるようですね。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介するサイトの中から、自分に合った2〜3サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイトより多く登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

医師転職サイトランキングBEST5

メディウェル医師転職
1位は、メディウェル医師転職です。どこを探しても見つからない「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収300万円UPを実現した医師も多数。会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですし、個人情報保護の観点から見ても安心できます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 非公開プレミアム求人
にめっぽう強い
医師 給料 平均

エムスリーキャリア
同1位は、エムスリーキャリアです。転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録してください!常時20万人以上の医師が登録する医師転職支援サービスで、全国の医師・医療機関に対応、とりわけ首都圏・愛知・大阪の高年俸・好条件求人に強い転職エージェントです。また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。

求人案件数 強み 口コミ評価
約3万件 大都市圏はもちろん、全国の高年俸・好条件求人
に強い
医師 給料 平均

リクルートドクターズキャリア
人材業界最大手のリクルートドクターズキャリアは、医師転職業界の最大手のエムスリーに並んで登録しておくべきエージェントです。常時1万件を超える非公開の求人情報。経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポートしてくれます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約1万件 全国対応案件・人材最大手
医師 給料 平均

医師求人ガイド
常勤だけじゃなく、非常勤(定期アルバイト・スポット)案件が多く、ジリ貧の勤務医、研修医などにも登録されているのが医師求人ガイド。運営会社は株式会社エイム プレイス。ユニークな医師求人サイトとして知られるその理由は、美容外科・美容皮膚科に特化した全国対応の医師専門の転職支援サービスということ。エムスリー・リクルートドクターズキャリアとは異なる種類の求人が掲載されているので、こちらも登録しておいて損はありません。

医師求人ガイド

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 美容外科・美容皮膚科の高収入案件
にめっぽう強い
医師 給料 平均

【JMC】メディカルコネクション
家族・将来を考えた現実的な職場環境への転職をお望みの方に人気なのがメディカルコネクション。蓄積されたデータに基づく適正年収診断・JMCにしかない非公開求人も掲載中。関東・関西・中部エリアに特化しています。

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 関東・関西・中部
に強い
医師 給料 平均

メディウェル医師転職【40-60歳限定】
メディウェルの番外編、年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援も行なっています。全国4万件の求人から、最適な求人情報をスクリーニングして、アドバイスしてくれます。40歳以降の転職の重みをコンサルタントも理解しているので、仕事と家庭の両立という観点での転職ができるが選ばれているポイントです。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 40-60歳の転職
にめっぽう強い
医師 給料 平均