医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

嫁・子持ちの医者の働き方を考える。高収入をキープしながらライフワークバランスを保つには?

転職なら紹介会社利用で勤務先の条件を確認

医師転職

勤務医の過重労働が問題視される中、医師の高齢化も進み、また医師不足も未だに解決されていない状況。社会的にもすぐに改善が見込める状態ではなく、勤務先の医院に現状の改善を訴えてたところで対策のしようもなく、仕方なく死ぬ気で働く日々。そんな方は多いかもしれません。やはりライフワークバランスの改善には、転職を検討するのが一番手っ取り早い解決策となるでしょう。

 

お薦めなのは、医師専門の転職エージェント、紹介会社を経由すること。直接応募であれば、面接官に直接確認しなくてはならない「聞き辛い質問」も、エージェントを介して予め確認して貰うことができます。また、こちらから残業時間や年収等の必須条件を指定して、合致する企業のみをピックアップして紹介して貰うことができるので、希望に合わない求人を省く手間がありません。

 

 

医師専門の転職媒体では「残業少なめ」で絞り込み

ブラック企業ならぬブラック医院と言う言葉も生じ、医師も転職先として残業時間が限られている医院にのみターゲットを絞っているケースが増えています。そのため、求人を出す医院としては、「残業時間が少ない」と明言できる環境があることは、優秀な人材を確保できる大きな売りとなっています。

 

医師専門の転職サイトを見ると、医院の特徴等を差し置いて「残業がほとんどない」ということだけをキャッチコピーにしている医院もあり、問い合わせるまでもなく残業時間への考え方がわかることもしばしば。医師専門の求人媒体も、その多くが「残業少なめ」で絞り込み検索を行えるようになっています。また、同様の絞り込み機能には、「救急対応なし」を選べるサイトもあり、こういった条件を基に選べば、プライベートな時間を確保できる転職先が見つかる可能性が高まります。

 

 

黙って副業は違法ではない!主な勤務先の年収が下がっても大丈夫

ライフワークバランスに重点を置いて転職先を探した場合、やはり激務をこなしていた頃よりも年収が下がってしまうのではないか?という不安があるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えないのが実情です。むしろ、余裕を持って医師を雇える=経営状態がいい=給与が上がる、という可能性もあります。

 

ただし、どうしても年収が下がってしまう場合は、副収入を得ることを念頭に入れて転職をするのも一つの選択肢です。たとえば休日にアルバイトとして勤務したり、勤務医をしながら産業医契約を結ぶ等も可能となります。

 

万が一就業規則に「副業禁止」が記載されていたとしても、本来は勤務時間以外の時間の自由は各人にありますから、ばれたとしてもおとがめナシなケースが殆ど。仮にそれで解雇されたとしても、副業先に情報を漏らしたりといった損害を与えていない限りは、ほぼ100%訴訟で勝つことができます。

 

40時間にわたる当直や、月に100時間を超える時間外労働を思えば、休日のアルバイトの方がよほどプライベートが確保できることも多いので、年収が下がってでも転職する医師も増えています。

 

 

雇用契約の際は契約書をよく確認

転職の際は、上記の副業の条件も含めて、雇用契約書と就業規則や賃金規定は事前によく確認するようにしておきましょう。医師は一般的な職種と比較して主な勤務先以外からの収入と収入を得る手段が多い職種ですので、そもそも副業を禁止しておらず、堂々と別の収入源を確保できることも多いのです。

 

また、残業の場合の手当や深夜の手当等についての記載、36協定を結んでいる場合は特別条項の協定時間等もチェックしておくといいでしょう。当然、雇用契約書の控えを貰っておいて、保管しておくことも必須です。

 

家族との時間を確保するためにせっかく転職したのに、事前に合意していたはずの条件と異なり結局激務である、となった場合に、雇用契約書があれば明白な合意として証明することができます。万が一口頭での合意事項だけだと、言った言わないの話になりかねませんので、雇用契約書の内容が聞いていた話と異なる場合は、修正を依頼した方がいいかもしれません。

 

 

勤務医であれば、労働基準法の適用になる

転職を検討する前に、今の勤務先でできる限りの労働環境を改善したい、という方には、労基署への「チクり」も有効です。

 

とにかく医師がよく働くので、医師が一般的な労働基準法の適応外だと思っている人も多いのですが、実はそんなことはありません。管理監督者として実務から離れている医師や、開業医でない限り、一般の勤務医は労働基準法の適応となっています。
勤務先で特別条項が結ばれていても、特別条項の適応外となる1年の半分は、月に45時間の残業で帰宅できているはず。年間を通じて深夜残業が状態化している場合は、協定違反を起こしている可能性がすこぶる高いです。

 

労働基準監督署へは匿名でも違反の申告ができますし、労基署から是正勧告を出したにも関わらず改善が見込まれなければ、警察同様に逮捕すらできてしまいます。状況が改善されるまで諦めずに労基署へ訴え続ければ、今の職場環境を大きく変えることができ、転職しなくてもライフワークバランスを確保できるかもしれません。

 

 

今の勤務先がサービス残業なら、いつか訴訟も視野に

いつかは今の勤務先を去って転職、もしくは開業する場合は、サービス残業の証拠を今から集めておくことをお薦めします。実はこの証拠は、日記や深夜の勤務先の時計の写メも有効。タイムレコーダーで記録している場合は、その控えを保存しておくのが最もよいです。

 

ただし、勤務先に対して訴訟を起こした、ということは、転職先にとってネガティブな情報になるので、転職を検討している場合は、次の職場に入社してから具体的な行動を起こした方が安心かもしれません。卒なく退職し、ことを大きくしないように和解金で対処するのが一番賢い方法です。

 

最近では、医師の「名ばかり管理職」を認め、1,500万円の支払いを命じた訴訟もありました。これだけで立派な開業資金にできてしまいそうですね。ここまで大掛かりなケースは少ないですが、訴訟にまでいかず和解金を医院側が支払ったケースは非常に沢山あります。
せっかく働いた分は、きっちり回収できるように、かつスマートにキャリアを確率する方法を検討するのもひとつの手でしょう。

 

 

 

開業医はライフイズワークでハイリスク。ただし、家族との時間は取れる

高年収といえば開業医。そして、勤務時間も開業時間も自分の裁量ですから、家族との時間も取りやすい。そう考える人も多いかもしれません。

 

ただし、開業医に聞くと、そう簡単ではないことが伺えます。そもそも、採用から経営、経理、すべてを自分が担わなければならない開業医は、もはや仕事と生活の境目がないとよく言われます。家にいる時間も飲んでいる時間も、常に仕事のことを考えている。特に開業当時は不安で眠れないくらいだった、というのは多くの開業医が口にすることです。

 

それもそのはず、勤務医と比較してはるかに高い年収を得ている開業医は、「成功した開業医」であることが条件です。平均年収の比較に上がらない無数の開業医が、借金を抱えて撤退したことも事実なのです。

 

生活=仕事、そして借金を抱えるリスクもある。それでも、成功すれば家族との時間も自分の裁量で取る事ができて、そして年収も勤務医よりはるかに高い。それが開業医の世界なのです。

 

 

勤務医時代の人脈を大事にすれば、リスクは減らせるかも

借金を抱えたわけではないけれど、精神的なストレスや売り上げの不安定さに見切りをつけたくて、開業医から勤務医へ戻るケースも少なからず存在します。医師は食いっぱぐれのない職業ではありますが、地域の繋がりや見えない権威関係等が非常に強い業界でもあるので、前職の退職の仕方によっては、同じ地域での再就職が難しくなる可能性もあります。

 

勤務医から開業を行う場合も、お世話になった医師等に義理を尽くさないと、万が一開業した医院がうまくいかなかった場合も、再就職に手こずる可能性があります。

 

医師は同じ職場に「出戻り」することは少ないですが、開業後も勤務医時代の人脈を絶やさず、情報交換等を行っておくことにより、万が一の場合も退職前と同条件で採用してくれる職場や医師を紹介してくれることもあります。少なくとも開業前の年収と勤務条件が担保できているかどうかで、開業時のリスクは雲泥の差。退職や転職の際は、そのあたりをよく理解して、慎重に行動することをお薦めします。

 

開業・転職・離職の際のリスクヘッジという意味で、複数の転職エージェントのサイトに登録しておくのもオススメです。無料ですし、必要なければ登録後に使わず放置でも問題ありませんよ。

 

医師の方、ちょっと待って!

このページを閉じる前に…。
医師として、キャリアアップ・働き方を変えるきっかけ、ゆっくり人生を考える時間を作れていますか?

日々お疲れの貴方にこそ、少しでも冷静に、しっかりとキャリアや人生について考える時間を作っていただきたいと切に思っています。無理をしすぎて倒れてしまい、職場の復帰が難しくなった医師の方や、ブラック医局で我慢し続ける医師を私はたくさん見てきました。少しでも考え直すきっかけとして、転職サイトに登録し、時間をみつけて求人案件を眺めてもらえればそれが少しはきっかけとして機能すると思います。

医師専門の転職サイトの登録は、
今から紹介するサイトの中から、自分に合った2〜3サイトだけでOK!


忙しい医師の方が5サイトより多く登録するのはあまり現実的ではありませんからね。実用的な2サイトだけ登録して、自分のタイミングできっかけを作れればこれ以上のことはありません。

医師転職サイトランキングBEST5

メディウェル医師転職
1位は、メディウェル医師転職です。どこを探しても見つからない「年収が上がる非公開求人」が決め手の株式会社メディウェル運営の医師転職エージェント。年収300万円UPを実現した医師も多数。会員数も2万名を突破し、急成長中の企業です。東証一部上場の株式会社アインファーマシーズのグループ会社ですし、個人情報保護の観点から見ても安心できます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 非公開プレミアム求人
にめっぽう強い
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

エムスリーキャリア
同1位は、エムスリーキャリアです。転職を考えている医師の方は、日本全国に豊富な求人案件を持つ、エムスリーキャリアにも必ず登録してください!常時20万人以上の医師が登録する医師転職支援サービスで、全国の医師・医療機関に対応、とりわけ首都圏・愛知・大阪の高年俸・好条件求人に強い転職エージェントです。また毎年のエムスリー社の高成長からうかがえる通り、キャリアコンサルタントが優秀でまず失敗しない転職が可能です。

求人案件数 強み 口コミ評価
約3万件 大都市圏はもちろん、全国の高年俸・好条件求人
に強い
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

リクルートドクターズキャリア
人材業界最大手のリクルートドクターズキャリアは、医師転職業界の最大手のエムスリーに並んで登録しておくべきエージェントです。常時1万件を超える非公開の求人情報。経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポートしてくれます。

求人案件数 強み 口コミ評価
約1万件 全国対応案件・人材最大手
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

医師求人ガイド
常勤だけじゃなく、非常勤(定期アルバイト・スポット)案件が多く、ジリ貧の勤務医、研修医などにも登録されているのが医師求人ガイド。運営会社は株式会社エイム プレイス。ユニークな医師求人サイトとして知られるその理由は、美容外科・美容皮膚科に特化した全国対応の医師専門の転職支援サービスということ。エムスリー・リクルートドクターズキャリアとは異なる種類の求人が掲載されているので、こちらも登録しておいて損はありません。

医師求人ガイド

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 美容外科・美容皮膚科の高収入案件
にめっぽう強い
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

【JMC】メディカルコネクション
家族・将来を考えた現実的な職場環境への転職をお望みの方に人気なのがメディカルコネクション。蓄積されたデータに基づく適正年収診断・JMCにしかない非公開求人も掲載中。関東・関西・中部エリアに特化しています。

求人案件数 強み 口コミ評価
非公開 関東・関西・中部
に強い
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス

メディウェル医師転職【40-60歳限定】
メディウェルの番外編、年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援も行なっています。全国4万件の求人から、最適な求人情報をスクリーニングして、アドバイスしてくれます。40歳以降の転職の重みをコンサルタントも理解しているので、仕事と家庭の両立という観点での転職ができるが選ばれているポイントです。

求人案件数 強み 口コミ評価
約4万件 40-60歳の転職
にめっぽう強い
医者 嫁 子持ち ワークライフバランス